僕のコツコツチョキンホウホウです。

標準

小銭と貯金箱いきなり大きく貯金するのは難しいものです。僕がたどり着いたのは、結局コツコツ貯金でした。スーパーとかコンビニでは、無駄遣いしすぎないようにはしますが、それほど我慢もしすぎず普通に買い物をします。その時にどうしても、お釣りをもらうと思います。それをコーヒーの瓶に、コツコツと入れていくのです。そうすると、1年ほどでで1万円くらいになります。ちょうど先日、1年位貯めたコツコツ貯金のお金を、郵貯銀行に持って行ったら1万4000円ありました。これくらいの金額があれば、普段はなかなか手が出ないものでも買うことができます。このように生活をしていくと、気持ちにゆとりができます。

たとえば、女性がコツコツ貯金で化粧品を買ったり、音楽の好きな方はCDを買ったり、車好きなら何かカーアクセサリーを買ってみたり、ちょっと遠くまでドライブしたり。コツコツ貯金を意識すれば大きな貯金は難しくても、いつのまにか無くなってしまいがちなお金を、一定期間で活用できるので、これは非常に助かります。ただ、このコツコツ貯金に向かない性格の人も、もちろんいると思うので、自分でオリジナルの貯金方法があれば、その方がよいです。是非有言実行して欲しいものです。結構僕のやってるコツコツ貯金は普通だと思います。買い物をして小銭を貯める。それをコツコツ貯める。それだけのことです。

いつも使うものはケチってはいけない!

標準

革靴の足元ケチっていいもの、ケチるべきではないものの分かれ道は、いつも使うものかどうかで考えています。たまにしか使わないもの、自分で言えばネクタイであったり、アクセサリーであったりするわけですが、これらはめったに使わないので品質の劣化もあまりないですし、特にこだわりもないですし、安いものでもいいのではないかと思います。

しかし、いつも身につけているもの、例えばそれは腕時計であったり、ベルトであったり、ジャケットであったり、革靴であったりと様々ですが、これらについてはある程度良いものを身につけたいと思っています。やはりいつも身につけるものがいいものであると、それだけで気持ちが違いますし、周りからの評価も違うと思います。

特に気をつけたいのはビジネスシューズ。手入れが行き届いていなかったりすると恥ずかしいので特に気をつけています。最近は1万円以内で買える革靴もありますが、光沢がわざとらしく、いかにも合成皮革というものは避けた方がいいと思っています。特に高いものを買う必要はないと思いますが、安物を買うよりは、ある程度しっかりしたものを買って長くはくほうが、結局経済的なのだと思います。愛着の湧く品を見つけたいものです。

全てが重なりに重なってしまった支払日

標準

電卓とお金その月はすっかり忘れていた家賃の更新月だったので、家賃の支払いが合わせて2ヶ月分。加えて消費者金融から借りていたお金の支払いが滞納していて、これ以上支払わなければ裁判沙汰になるという手紙が2つ到着。電話やら電報が山のように届いていました。さらにクレジットカードの支払日も重なり完全になにをどう頑張っても10万円以上お金が足りないという事態になりました。

悪あがきで昼の仕事と日払いの夜勤の派遣を週5掛け持つことにして、昼が終わったらそのまま夜勤へ行き、夜勤が終わったらそのまま昼の仕事へ行くという生活を送りました。食べる物も一食100円ぐらいで収まるように節約。だけど一向に足りそうにないお金。最後まで諦めないで頑張ろうと家の中のCDや本、ゲームなど売れるものをかき集めてリサイクルショップに売り飛ばし少額のお金でも足しにしました。

なんとか半分は払えそうでしたが、まだ半分確実に足りません。状況的にも待った無しの状態だったので、最後は諦めて怒られるのを覚悟して母親に相談しました。呆れられはしましたがなんとか足りない分を貸してくれ、その返済も月々無理のない額で良いという話になり難を逃れることができました。

ファッションは、一点「安値」主義!

標準

無地のシャツファッションの場合ですが、できるだけ安い価格で購入するアイテムは、オーソドックスなデザインや色のものを狙っています。素材も、コットンなどナチュラル感のあるものをチョイス。そうして安く購入した服を、それなりの金額をかけたアイテムと組み合わせて着ると、傍目には安い服に見えないことが大半です。

安い服はどうしても傷みが早いですから、なるべくそのシーズンにたくさん着て、次のシーズンは新しいものに買い替えることもポイント。いいものはしっかり手入れをして長く愛用。安いものは新しさで勝負!これが、自分なりの「安いものを高く見せるコツ」です。私の妻も同じように安いファッションアイテムで遊んでおり、先日、ヤフーオークションで300円で落札した新品のワンピースを着て外に出ていました。靴やバッグはそれなりの品質で長く愛用しているものを使っておりました。

そうした周辺アイテムで、服を安っぽく見せない工夫をしていると話していましたね。後は、立ち居振る舞いを堂々とすること。高い服を着ていても、着ている本人がオドオドしていたり、だらしない姿勢をしているとせっかくの服が台無しだと思います。自分がまず堂々としていることで、自然と安い服もパリッと見えるように感じています。

固定費は全てカードでポイントを貯める

標準

3枚のクレジットカード毎月必ず払わなくてはいけないもの、主に携帯電話代、生命保険料、自動車保険などの固定費はクレジットカードから引き落としされるようになっています。その他ガソリン、旅行へ行くときの電車代、ネット通販、洋服代などなど、だいたい5000円を超えるものはクレジットカードで一括払いです。

分割やリボ払いは利息がもったいないので絶対にしません。なぜクレジットカード払いにするかというと、私が使っているカードはポイントがたまり、そのポイント数に応じて商品と交換できるからです。私の場合だとだいたい一年ほどで1000ポイント以上は貯まるのですが、それを5000円分の商品券などに交換しています。前回ポイントが貯まったときはディズニーランドのワンデーパスポートと交換しました。

また、応募して当たるプレゼント企画が豊富にあります。ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーになっているので、ディズニーのチケットやディズニーホテルの宿泊とチケットがセットになったプレゼントもあり、毎回必ず応募しています。クレジットカードの利用料金によって応募口数が変わるので出来る限りクレジットカードを使うようにしています。抽選に当たったことは今はまだありませんが、しっかりポイントもたまっているので損した気分にはまったくなりません。これからも生活の中で様々な支払いや大きな金額の支払いなどはクレジットカードを使ってどんどんポイントを貯める予定です。

衝動買いで失敗した布団のいらないこたつ。

標準

こたつ冬はこたつに入ってテレビを見ながら、うとうとしてしまうことがよくあります。また、こたつにいったん入ったら動くことが嫌になって、掃除や洗濯が後回しになることもしばしばありました。そこで、思い切って、電熱部分はついていますが、こたつ布団をおさえる板のついていない電気こたつテーブルでおしゃれなものを見つけて衝動買いしました。

初めのうちは、こたつ布団を洗わなくてすむし、これで暖かければ動きもとりやすいと思っていたのですが、実際気温の低い夜中に使用してみると、足元の暖かい空気は部屋中に消えて、ちっとも体が暖まりませんでした。結局、机の上を使わない時間帯は、上から綿布団をかけて空気が逃げないようにして使用していました。そうすると、見た目も悪いですし、布団とこたつの大きさも合っていないので、なんだかみすぼらしく見えてきました。

気に入って購入した手前、一年間は我慢して使用しましたが、リビングで使用していたため、翌年には、こたつ布団を使用するタイプに買い換えました。そうすると、やはり足元の暖かさが違いますし、何よりとってつけたような布団ではなく、机にあった大きさのこたつ布団なので隙間があくこともなく、落ち着いて使うことができるようになりましたが、安い買い物ではないため、結構痛かったです。

いわゆるマルチにひっかかり

標準

バスルーム20年位前ですが、従兄弟から面白い話があると言われました。何やら風呂に付ける機械で細かい泡が弾けるときに出る超音波が体にものすごく良いのだと。「あー、営業か」と思っていたら、話が何やら違う方向へ…。「お前(私)がこれを買って使用して良いと思ったら、俺(従兄弟)がやってるみたいに友達とかに勧めればいい。そうすれば儲かる」と言われました。そして「詳しい話はセミナーがあるから一緒に行こう」と半ば強引にセミナーに連れていかれることになりました。

セミナー当日、商品の良さの話は1割程。9割はどうやって自分以下の「子」「孫」等を増やしていくか、どれだけ増やせば何百万何千万というお金が手に入るか、そういう話がほとんどでした。いわゆるねずみ講、マルチ商法というものです。しかしそういう類いのものではないと講師は繰り返して言います。そしてセミナーが終わると近くのファミレスに連れていかれ、さっきまで壇上で話していた先生といわれる講師と直接話します。

セミナーで話していたことの繰り返しですが何千万儲かる、君は貧乏で終わっていいのか等々色んな話術で説得してきました。何時間もそういう話を聞かされると少し洗脳されたみたいになりますので自分もやってみようと思ってしまいます。そこでシステムの説明。まず自分が誰かの紹介で商品を買う。(13万~20万円位)そして知り合いに勧める。その人をセミナーに連れて行く。商品が売れたら君にはいくら入るか。さらに君の知り合いが商品を売れば君にいくら入るのか。ねずみ講そのものです。

しかし、セミナーに行っても洗脳されない人もいます。そういう人には延々とファミレスで説得します。なかなか帰らせてもらえません。それでもイエスと言わない人には後日脅しが入る場合もあったようです。結局我々末端に話が来る頃にはほとんど話に乗ってくれる知り合いなんかいませんでした。そしてその商品自体も超音波など出ていないと科学的に証明されテレビのニュースにも出て組織自体は無くなりました。

お金をかけないデート術、遊び等

標準

ドライブで見える景色一口にお金をかけないと行っても、どこかにでかけたりお部屋デートだったり色々とあると思います。車があればガソリン代だけですむので、ドライブデートもありですね。景色を見に行っても良いですし、ただ車を流しておしゃべりしながらのデートでも楽しい。行き先も最初に決めても良いし、行き先は決めず気の向くままに走らせても良いと思います。

歩いて出かけるのであれば、動物園や遊園地、水族館等時間をかけて楽しめる場所もおすすめ。日常と違う風景、一緒に見て感じる事、二人で共有出来る事があると良いとおもいます。時間をかけて見ることで新しい発見もあったり。公園などの見晴らしの良い公園等で一緒にお弁当を食べながら、身近な事でも将来の事でも語ってみたり。

お家デートなら一緒にDVDを見たりテレビを見たり音楽を聞いたり、まったりするのも良いです。人によっては、ただ同じ空間にいるだけで満足する人もいると思います。特に会話がなくても寄り添っていたり、ゲームとか共通の趣味があれば一緒にあそんだり。ただ単に一緒にいてお互いに好きな漫画を別々に見ていたり。

デートにお金をかけなきゃ、と考えてる人には理解出来ないかも知れませんが要は二人が楽しく幸せであれば、何かの形に無理に当てはめる事はないと思います。

チェックできるものは全て見てから買います。

標準

パソコンをたたく手ハンドブレンダーを選ぶ際に、安いものから、高いものまでたくさんの種類がありました。まず価格ドットコムなどの人気のランキングを調べ、その上位10種類くらいから、メーカーの違い、機能の種類などを全て調べます。その中で自分の欲しいものを3つくらいに絞り、Amazon、楽天、各電気店の通販サイトなどの口コミの一番良い内容のものと、一番良くない評価のものを読み、ひとつに絞ります。この時点で最新の機種よりひとつ前にでていた機種の機能で充分であり、価格も安いものが見つかることもあります。

最終的に1つの機種にしぼったら、価格ドットコム、Amazon、楽天市場、ヨドバシドットコムから、価格と送料が一番お得なものを選びます。このときに、使えるポイントや、獲得できるポイントなどの兼ね合いから一番価格が安くなるところを選びます。ほとんどこの時点で購入することが多いですが、余裕があるときにはディスカウントショップや家電量販店にみにいくとともあります。ネットでいくら安い価格になっていても、実際店舗に行ってみるとたまたまキャンペーン中やアウトレットで安くなっていたり、サンプル品が通常よりかなり安くでていることもあるので、そこまでチェックできたら完璧だと思います。

気分上々のあとは、転落していくだけ。

標準

空の財布週末のストレス解消と、いつものようにパチンコへいきました。給料日一週間前のことでした。財布には3万円をいれていざ勝負です。その日は運もよく低投資でつづくつづく。約5万円ぐらい勝利。気分よく帰宅し、明日も勝てると意気込み就寝しました。翌日、開店前のパチンコ行列に並び、前日と同じ島へ。空いている台に座り、いざ勝負開始です。

ただ、この日は何かが違いました。吸い込まれていく1000円札。また次の1000円。……待てど暮らせど、当たりは来ず。結局、財布のなかを空っぽにして8万円負けです。昨日の勝ち分が1日で、吸い込まれてしまいました。帰り道。明日はでるやろ!とお気楽気分でATM。残り少ない生活費を全ておろして、翌日に備えてその日は就寝しました。

そして、翌日。懲りずに朝からまたまた、開店前のパチンコ行列に並びました。この日も、またまた同じ島です。ただこの日は違いました!当たりを引きます!でも続きません。当たりででた分を流し込み、追加の1000円投資で当たりを引きます!でも続きません。これを何回か繰り返し、財布の中は残り3000円。

残り1週間の生活を考え、やめるかどうするか悩みに悩みましたが、手は次の1000円を握っていました。が、結局負けです。2日で13万円ぐらい負けて、1週間ひもじい思いをしストレスも溜まりました。