夫に休日の外食を減らして家で作ってもらうようになる心がけ

標準

料理する男性節約しないといけないのに、外食ばかりする夫に困っていました。ですが、おだてると調子に乗る、また作業に集中することが好きな性格だったので、思い切って家で作ってもらう作戦を立てました。前提として調理道具や調味料などはいつも同じ場所ですぐ使えるようにしておくようにします。最初は一緒に作って、レパートリーを増やします。昼食の麺類くらいを手伝ってもらうあたりから始めるとよいです。

レパートリーの中である程度どれでも作れるように材料は買い足しておき、また新メニューに挑戦しようとしてくれる時は出費をおしまないようにします。その中で何を作るかは調理する人にお任せ。調理に慣れてきたらそれもまかせて、私はお皿や飲み物準備などの補助にまわる、もしくは、複数作るなら1品ごとに担当制にします。

時間がかかっても効率悪くても取り返しのつかない事態になりそうな時以外はダメ出しはしません。また失敗したとしても失敗の原因を一緒に考え、最後は笑いにしちゃう。これかなり大事ですw

片付けは最初は大目にみて、こちらが率先してやって行きます。食べたあとはちゃんと感想言って、さらなる向上に向けてのアドバイスを控えめに伝ええます。例えばもうちょっと皮薄く剥かないともったいないとか・・。

いろいろできるようになったら次に食べたいものをリクエストしてみたり、一緒に「男子ごはん」とか特集があれば料理番組をみたりします。

ここまでくると、なんとなく理由がないと外食はもったいなくて家で食べればいいやっていう気になってくるはずです。今では我が家の夫はお腹のすき具合や前日メニューをみて決めたり、時間があるとピザを生地から作ったりしてます。

本当は意図的にこんな風にやったわけではないですが、ヨソの家と比べると我が家はうまくやっているようで、なんとなくやってきたことを書いてみました。おかげさまで結婚当初に比べると、ごはんのためだけの外出というのがほぼなくなりました。

また一緒に買物も行くので食品の値段の相場感もわかってます。あとは夫が一人で調理するのが普通になっても「あたりまえ」とは思わないことでしょうか。待ってるだけはしないで、他の洗濯物片付けなどしているといいですね。

ポイントの期限なしでちりも積もれば山になる

標準

クレジットカード私が選んだセゾンカードは、ポイントの有効期限がありません。他のクレジットカードでは期限までに使用できるポイントまで貯まらなかったりして、使用期限が来てポイントを捨てていました。それがもったいなく、期限が無ければちりも積もれば山になると、セゾンカードを選びました。ETCカードも発行しているのでこれもポイント無期限で貯まります。

セゾンカードを利用してみて、さらに良かった点は、

第一にネットショッピングやオークションの際にサイト「永久不滅.com(ドットコム)」を通して使用するとポイントが倍貯まります。楽天やヤフーなどにも対応しており、サイト独自のポイントと二重取り出来ます。利用明細書を見ると、「永久不滅.com(ドットコム)」対応しているのに経由しないで支払ったものには、使用すればポイントが倍になるよと教えてくれるので、対応しているお店を見つけることも簡単です。

第二にポイントを直接カードの支払に当てることが出来る事。使いすぎて銀行の残金が少ない時などに引き落とし前にポイントで相殺できます。引き落としできませんでしたと恥ずかしい思いをしなくて済みます。

第三にポイントをネット上でギフトカードに交換することでき、直ぐに使用できる。アマゾンで買い物する時はポイントでギフトカードを交換するとお得なのでギフトカードで支払いしています。期間限定で系列のナナコカードのポイント増量キャンペーンもよく行われます。これもお得です。

第四にセゾンカードはクイックペイに対応しており、たまにツルハドラックでクイックペイで支払うとさらに3%offキャンペーンをやっています。5%offのイベント日にクックペイで支払うと合計8%off!!消費税分お安くなるのです。

第五は、高額ショッピングをする際に電話をすれば、ショッピングの上限枠が一時的に増額できること。結婚式や車の購入、現金でなくカードを通せばポイントも貯まります。

第六は、これはまだ使用したことが無いのですが家族カードとポイントを合算できること。家族が出来たらありがたいでしょう。

私の周りにいるお金持ちな人の特長

標準

小銭のイラスト私の周りにいるお金持ちな人の特長とは、やはりバリバリ働いている人だと思います。元々親が金持ちでといった場合もありますが。

ただ働いていると言うだけでも毎月収入が入りますが、お金持ちと言われるには、その人の性格も重要です。交友関係などの人脈も必要ですし、贅沢が好きな人では入った分だけ使ってしまって残りません。物欲、食欲、性欲、この三大欲が乏しい人程自然と出費は減り預金通帳の額は増えていきます。

私はと言うと、働いては居るものの出費は多い方だと思います。自分にも甘いですし、今思えば無駄な物も買ってしまっていました。交友関係もある方で夜ご飯に酒に遊びってなればすぐに万が飛んでいきます。そういう時はプライドを捨てて、そのお金持ちな人に奢って貰ったりもします。

ですがお金は天下の回りものとも、言いますし…何でも程々に、奢ってもらうのも何でもやり過ぎてはいけないって事ですね。限られた収入の中で、いかに預金残高を増やしていくかは極論使わないって事になります。

でも人間だから無欲と言う訳には中々いきません。お洒落が、好きだったり美味しい物を食べたかったり、オネェーちゃんに好かれたかったり。出費を控えるのも大切ですが、そのお金持ちの人は出費以上に稼いで、毎日を楽しんでいるようにも見えます。収入と出費を考えて生活したいですね。

大学生時代の、天国から一気に転落した話

標準

カードの入った財布私は大学生の頃はバイトをたくさんしていて、稼いだ給料で学費や携帯代などを払った後は全部パチンコやパチスロをしていました。ある日友人に誘われて一緒にパチスロに出掛けた時、何気なく座った台が物凄くよく出る良い台だったのでその日はその台をずっと打ち続けることを決めて調子よく出していました。

結構な額を稼いで暖かくなった財布をポケットにしまい負けてしまった友人に何かご飯でも奢ってあげようと誘い、二人で食事に行きました。二人でお酒を飲みながら食事を楽しみ話に花を咲かせていた頃、お酒を飲むとトイレの近い私は何気なくトイレに行こうと立ち上がったのですがズボンの後ろのポケットに入れていた財布がありません。

床を探しても見当たりません。カバン等は持っていなかったので、きっとどこかで落としたのだと思いました。いくらパチスロで勝ったとはいえ勝ち分は全て財布の中にありますし今月の生活費も入っています。銀行のキャッシュカードも入っていてその財布ひとつが私の生命線でした。

とりあえず何度か入ったトイレへ行き探したのですが見当たりません。財布を無くしたことを友人に伝え、その後お店の店員さんにも財布を無くしたこと、その財布の特徴や残金等を伝えたのですがお店には無いとのことです。

その後は本当に悪い事をしました。負けた友人を元気付けようと食事に誘ったのにその友人にご飯をご馳走してもらうことになってしまい、お店にはもし見付かったら警察に届けてもらうようお願いした上で交番に行ったのですが、結局財布は戻ってきませんでした。

良いことの後には悪いことがあるのだとしても、悪いことが来るのがあまりにも早すぎるんじゃないかと思いました。

一緒に暮らす弟が少しでも自炊するには。

標準

お茶碗のごはん私は現在、親元を離れて弟と一緒に生活しています。もともと弟はひとり暮しをしていて、自炊は全くしていませんでした。私が上京したことをきっかけに、2人で暮らすようになったのですが、上京当初、自炊をせずコンビニ弁当や外食ばかりの弟にイライラさせられてばかりでした。

そこで私がとった行動は、まず「米を炊く」でした。米を炊くことで弟は、コンビニで弁当を買わなくなりました。あとは、私が作ったものを少し残しておくことで、弟の夕食は米と私が作ったおかず、コンビニの揚げものを少量買って食べる、といった食生活になりました。

最近では、私の帰りが遅いときは弟がおかを1品用意してくれるようになりました。(元々自炊をしていなかった人なので、おかずといっても、ソーセージを焼くだけ、、、といった簡単なかんじです。)2人とも仕事をしているので全くコンビニ弁当や外食を利用しない訳ではありませんが、米を炊くだけで、家で夕食を食べる習慣がつき、食費が大幅に浮きました。

平日米を炊く時間がないときは、土日に多めに米を炊いて、冷凍することで、平日の外食を減らすように心がけています。弟がとくに何か特別なことをしているわけではありませんが、働きかけが大事なんだと思います。

後悔したけど、のちのち役に立ちました

標準

ピアノ社会人2年目で、ボーナスが思ったより良かった時でした。ショッピングセンターをうろうろしていた時、電子ピアノのセールという文言が目につきました。私はピアノは習ったことがなく、引くことができませんし、楽譜も読めません。

ただ、小さい頃からやってみたくて親に何度も習わせてほしいとお願いしたのにまったく相手にしてもらえなかったという嫌な思い出がありました。うちの両親はやりたいというと基本的に応援してくれるのですがピアノだけは反対されました。どうやらピアノは先生になる以外には将来役に立たないからという理由だったようです。正直悲しいですよね。

親にやらせてもらえなかったという思いが今でも強く、またお金が手元にある、お得に買えるという条件がそろってしまったためについ衝動買いしてしまいました。初めは気分転換に練習していたのですが、なかなか指が思い通りに動かず簡単なものが3曲弾けるようになった後は部屋の隅でインテリアと化していました。

その後結婚して引っ越すときも場所はとるわ引越代がプラスになるわで、夫にも嫌な顔をされました。処分しようか考えることもありましたができずにいました。

ところがその後、このピアノに出番がやって来ました。子どもが生まれ、遊び道具として一緒に使える日がきました。今は音遊びという感じですが、ピアノを鳴らすのが楽しいようです。処分しなくて良かったです。ピアノは手先の運動にもなるし脳の発達にもいいと思うので私は子どもにはピアノを習わせてあげたいなと思っています。

余った食費を隠し口座にIN

標準

2枚の500円玉当時は3人家族で毎月5万万の食費をやりくりしてきました。お米は実家から毎月もらえるので、米を買うことはなかったのでそこは助かりました。また私自身が食が細い方なので、育ち盛りの子供と旦那には安い食材でボリュームがあるように見せかけたご飯を作り、おやつも手作りして食費を浮かせ普段の外食は避けました。

そうすると月2000~4000円ほどの食費を余らせることができるため、毎月2000円と500円玉数枚を私の旧姓の名義で作ってある口座に入れました。通帳記入は半年に一回程で、子供の母子手帳ケースの中に通帳を忍ばせ旦那には見られないようにしていました。

3年ほど続けて8万ちょっとのお金が貯まりました。しかし子供が大きくなるにつれて欲しいものが増えたり、部活動や友達との遊ぶためのおこづかいとはまた別のお金をあげるなど生活費の変化によって食費が4万になり頑張っても1000円しか残ら無いことが増えてきたので、通帳に入れるお金が減ってきました。なので余った小銭で無理やり500円を集め蓋のついた貯金箱に入れ、食器棚の奥にしまいました。それが6年程続きました。

マイペースにへそくりを集めて一年に一度程のペースで中を確認するものの500円集まらないときがほとんどで3,000程のお金をようやく貯めたといったところでした。次第にあまり意識しないようになり、今では二、三ヶ月に一度貯金箱に100円か200円ほどのお金を入れて、中は思い出した時に確認をするくらいです。

お金を残したいと思い必死になっていたときよりはストレスがなく、心にも余裕があり目標金額も決めていないので気に止めることが少なくなりました。へそくりはバレないように考えるのは大変ですが、手が届く場所であれば案外男性の方があまり踏み込まないキッチンやあまり目を通さない子供の母子手帳ケースや化粧ポーチなどに隠しておくのがオススメです。口座に入れる場合は旦那の知らない旧姓の名義の口座に通帳記入をせずに入れておくのがいいですね。

初めてのちょい高額当選!ウンがついた?!

標準

鳩のイラストある朝、職場に向かう道。たしか、土曜の出勤の日だった。所定の駐車場に車を置き、職場に向かっていると、上からなにか落ちてきた。黒のズボンを履いていたけど、モモのところが白くなっている。

なんだろう??とよく見ると、なんと鳥のフンだった。まだまだ若かった私は、キャーと声を上げるとともに、フンなんて落とされて最悪じゃん!!と朝からブルーな気分だった。上司に話すと、笑われたものの、「ウンがついたんよ、フンだけに」なんてダジャレを言われる始末。

そんな気分じゃないしなんて思いながら、その日は半日ブルーな気分で過ごした。仕事の帰り道、フンのついたズボンはキレイに拭いて、ドライブがてら買い物に。そこの宝くじ売り場で、何の気なしにスクラッチの宝くじを購入した。

宝くじは時々買ってはいたけど、スクラッチとかあまり買ったことなかったような気がする。そして、削ってみると・・・・なんと、1万円の当選!!!10枚買ってだから、確率的にはそんなに良くはないのかもしれないけど、今まで宝くじを買っても、万のつく単位で当たったことなんてなかった。初めての私にとっての高額当選だった。

そして、上司から言われた、「ウンがついたんよ、フンだけに」という言葉をここで思い出すことになる。まさに、その通りになったのだ。それから、宝くじを買うとき、ひそかにフンが落ちてこないかと思ってしまう自分がいる。

新車を購入したいが、無理はしたくない。

標準

大き目の車車を購入する時に、結婚して子育てしていて専業主婦の場合は、どうしてお金を工面をしたらいいかわかりませんよね。私もそんな一人です。現在車を所有していますが、子供が大きくなり始めていて、この先、車を買い替えなければいけない時期が来ます。

今はこどもが小さく外でパ-トもできません。主人の稼ぎもそれほど多いわけではないので、貯金をするにもどこから削っていいのか悩みます。目標は、5年後250万貯めて、車を一括で買うことです。ロ-ンも考えたのですが、金利などを考えるともったいなくてできれば一括を目指したいと思います。

そこでまずやったのが、家計の見直し。

今まで必要なだけ出して、足りなかったら預貯金から使用するという、もったいない事をしていました。一年間どのくらいお金を使用しているか、家計簿をつけていたのですが、見直したことがありませんでした。見直しをした事により、結構自分の洋服にお金が結構かかっていたこと、また、意外に携帯電話にも結構かかっていました。

今は主人の給料日に、およそ1か月に必要な経費を一気に引き出します。そのあと、必要な分を、銀行の封筒に必要経費ごとに分けて入れます。たとえば、日用品(1万円)食費(4万円)車修理費用・ガソリン(1万8千円)など。15種類に分ける事が出来ました。 できる限りその封筒に入っている金額でやりくりするようにしています。(でも、無理してはいけません)

また今までは、余ったお金を貯金っていう形にしていたのですが、考えを改め、主人のボ-ナスの支給が3回あるのでその時に必ず、決まった金額を貯金する癖を付けました。そうしたら、必ずその貯金した金額が絶対に残ります。

主人と私の携帯プランを見直しをしたら月3千円浮いたので、そのお金を使用しつもりで、3千円を毎月貯金しています。 家計簿を見直しで気づいた私の洋服代も、洋服ダンスとクロ-ゼットを見直したら、同じような服がたくさん出てきました。

そこで、いらない服をフリマで売り、そのお金も貯金しました。その後は購入する洋服は、シンプルかつ機能的なものを選ぶようにしました。そして、流行りの洋服は、数点購入して使いまわしをすることにしてます。洋服を購入する時、一度少し時間を置き本当に必要か考えるようにしたら、洋服代がへりました。

現在、上記な事をして2年たちました。あと3年、目標250万円で車を購入できるよう努力をしています。

一日の4分の1を過ごす寝具は高いものを。

標準

ベッド寝具は高いものを購入することをお勧めします。睡眠時間が6時間だとすると、1日のうち4分の1の時間は寝具の上で過ごすことになります。20年で考えれば、5年間です。

安い寝具を使い続けると、身体にも悪影響が出ます。眠りが浅くなり疲れやすくなったり、寝具が体にフィットしないために体調を崩したりします。節約したつもりが、逆に自分の大切な人生の時間を無駄にすることになりかねません。

寝具を購入する際には、値段ではなく、自分の体にフィットしているかどうか、長く使い続けることが出来るかどうかが最も重要なポイントとなります。高級寝具であれば、一度購入してしまえば何年も使い続ける事が出来ます。仮に100万円したとしても、10年使うと考えれば1年あたりでは10万円、1か月では1万円にも満たない額になります。

一流アスリートは、睡眠は最も重要な時間と考えているそうです。睡眠があなたの人生の質を決めると言っても過言ではありません。私自身、安い寝具から高級な寝具に買い替えた時にはまるで別人になったかのような感覚でした。一生に一度の買い物だと思って、是非自分にとって最高の寝具を購入するようにして下さい。