たまったへそくりを衝動買いでゼロに。。

標準

カメラを持った男性せっかくコツコツと頑張ってためたへそくり。15万円というある程度まとまった金額になったころ、周りの友達の中で一眼レフカメラでの撮影がとても流行っているのが気になりだしました。

SNSに載せるとプロが撮ったような仕上がりになることでそんな写真が撮りたいと思うように。カメラに詳しい友達からも、誰でも使いこなせるしいい趣味にもなるからぜひ!と勧められて、だんだんとその気に。

ネットを見ていて「これがいい!」と思ったカメラの金額は15万円程。ちょうどへそくりで変える金額なのも、なんだか運命的なものを感じました。高い金額だったけどそれくらいの価値はあるもの。嫁さんは、そのあたり疎いので、3万位と言っておけば大丈夫だろう。

一気に購入したい気持ちが頂点に達し、気づいた時にはインターネットでポチっていました。まさに衝動買い。誰に相談することもなく買ったはいいけれど、難しい!!!
デジタルカメラのようにすぐにいい写真が撮れるわけでもなく簡単に撮れるわけでもありませんでした。そして書籍を買って勉強することに・・・・。こんなはずではなかったと、この時点で買ったときの情熱は冷めていたのかもしれません。
それでも少しずつ使いこなせるようにはなったのですが、手軽に持ち運びもできないカメラは次第にお蔵入りするはめになりました。
今思えばもう少しよく考えて購入すれば良かったなと後悔だらけです。
売ろうかと思って査定にも出しましたが、良くて数万程度・・・あまり使っていないのにこんな金額だなんて。もったいないので今でも手元に保管していますが、眠ったかかです。衝動買いはやっぱり危険です。。よく考えて買うようにしたいです。

せっかく貯めた15万。他にもっと有効な使い道があったはずと思うと悔しくてなりません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)