オレオレ詐欺にかかってしまった義父

標準

おれおれ詐欺の電話いつもオレオレ詐欺のようなニュースを見るたびに、なんでこれだけ報道されてるのに今でも騙される人いるんだろうと思っていたのですが、義父がまんまと数百万円やられてしまいました。
義母が亡くなり、昼間は義父が1人の実家に電話がかかってきて、息子の会社の上司という人からだったそうです。息子が会社の大事な資料を電車に置き忘れてしまい、なんとかして弁償しなければならず、私も出すのでお宅からもお金を出して欲しいと。

その時点で、息子の携帯に電話して確認すればよかったものを、気が動転した義父は、確認の電話をせず上司と名乗る詐欺師のことを信じてしまいました。

しかも、お金を渡すところに指定してきたのは、近くの人気のない神社。それも怪しいと思わなかった義父は、会社の上司と名乗る人に名刺も貰わず渡してしまったのです。そして、詐欺にあったとは気付いていない義父は、息子が会社から帰ってきて、話しをした所で気付いた状況。
すぐ警察に届けたのですが、手渡した為証拠もなく、犯人も捕まらず、お金も戻ってきませんでした。息子を助けたいと思う気持ちが悲しい結果となってしまいましたが、その事件によって、今までよりも親子で連絡を取り合うようになった事はよかったと思います。
義母が生きていたら、こんなことは起きなかっただろうと思いましたが、昼間は義父1人だとわかって詐欺師は狙ってきたのかと思うと、どこで情報収集されているか怖くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です