クレジットカードを選ぶポイント

標準

クレジットカードクレジットカードはお金を支払わずにサービス受けたり、商品を購入できます。その選ぶときのポイントはなんと言っても集めているポイントとの親和性です。現金で支払ってもカードでも同じであれば、クレジットカードで支払います。クレジットカードでの支払いは1000円に対して1ポイントが貯まります。クレジットカードで購入する時は必ず1000円以上の買い物になります。ですので必ずポイントが付いてきます。

0.1パーセントですが、その0.1パーセントが大切です。0.1パーセントを値引きしてくれるところはなかなかありません。ですので1万円単位の購入ですと10円のポイントが付きます。そのポイントを加算すると1ヵ月で数百円になります。ちょっとしたことかも知れませんがこれが結構貯まっていきます。 しかし、ポイント以外にも理由があります。もちろん、年会費、入会金が0円であることも条件の一つですが、保険、そのほかの付帯サービスがどれくらいあるかもクレジットカードを選ぶときのポイントになります。たとえばクレジットカードで旅行保険のサービスがあれば、別途加入する必要もありません。

他にもサービスと言えば、いろんなところでの割り引きです。ホテル、旅館での割り引きなどがあれば、クレジットカードでの支払いとあわせると通常よりもかなりお得になります。レジャー施設、レストラン、駐車場、デパートなど、どこで、どれだけの割引になるかも加入する時のポイントになります。 もちろん、年会費がかかるところもありますが、その時には、その費用に対して、サービスの内容、特典が十分であるか、ポイントの付加の割合がどれだけかが、条件になります。

ゴールドカードの加入はあまり考えていません。以前はゴールドですとそれなりにステータスがありました。しかし、最近ではゴールドと言いながら中身は普通のクレジットカードとさほど差がないようなカードもあります。 あくまでも、サービス内容とポイントが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)