余った食費を隠し口座にIN

標準

2枚の500円玉当時は3人家族で毎月5万万の食費をやりくりしてきました。お米は実家から毎月もらえるので、米を買うことはなかったのでそこは助かりました。また私自身が食が細い方なので、育ち盛りの子供と旦那には安い食材でボリュームがあるように見せかけたご飯を作り、おやつも手作りして食費を浮かせ普段の外食は避けました。

そうすると月2000~4000円ほどの食費を余らせることができるため、毎月2000円と500円玉数枚を私の旧姓の名義で作ってある口座に入れました。通帳記入は半年に一回程で、子供の母子手帳ケースの中に通帳を忍ばせ旦那には見られないようにしていました。

3年ほど続けて8万ちょっとのお金が貯まりました。しかし子供が大きくなるにつれて欲しいものが増えたり、部活動や友達との遊ぶためのおこづかいとはまた別のお金をあげるなど生活費の変化によって食費が4万になり頑張っても1000円しか残ら無いことが増えてきたので、通帳に入れるお金が減ってきました。なので余った小銭で無理やり500円を集め蓋のついた貯金箱に入れ、食器棚の奥にしまいました。それが6年程続きました。

マイペースにへそくりを集めて一年に一度程のペースで中を確認するものの500円集まらないときがほとんどで3,000程のお金をようやく貯めたといったところでした。次第にあまり意識しないようになり、今では二、三ヶ月に一度貯金箱に100円か200円ほどのお金を入れて、中は思い出した時に確認をするくらいです。

お金を残したいと思い必死になっていたときよりはストレスがなく、心にも余裕があり目標金額も決めていないので気に止めることが少なくなりました。へそくりはバレないように考えるのは大変ですが、手が届く場所であれば案外男性の方があまり踏み込まないキッチンやあまり目を通さない子供の母子手帳ケースや化粧ポーチなどに隠しておくのがオススメです。口座に入れる場合は旦那の知らない旧姓の名義の口座に通帳記入をせずに入れておくのがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)