夏バテに効果絶大スタミナねばねば丼

標準

どんぶりごはん夏は食欲も減退しますが、だからなおさらきちんと食べないとバテてしまいます。でも高級なものは出せませんので、安い節約素材で元気になれるメニューのご紹介です。

やっぱり体にいいものといえばネバネバ!オクラと豆腐、納豆となめ茸を使ったねばねば丼がお勧めです。夏に不足しがちなビタミンやβカロテン、カリウムやペクチンといった重要な栄養素を豊富に含み、夏バテ解消にぴったりです。

とても簡単。材料を調理した後、丼ぶりにもったご飯の上に乗っけるだけです。
【材料】
オクラ中サイズ3本 納豆1つ(市販の3こ1セットのもの) 木綿豆腐1/3丁 なめ茸少量(市販の瓶詰め惣菜のもの) 温泉卵1個 醤油適量

【作り方】
1.オクラは塩もみをして周りの産毛を取った後、1分半ほど茹でます。茹であがったらザルにあげた後、冷水につけ冷やします。冷えたら水を切り、輪切りに刻んでおきます。
2.納豆は粘り気が出るまでよく混ぜておきます。
3.豆腐は混ぜやすいように、すこし崩して置くといいでしょう。
4.オクラ、納豆、豆腐をご飯をもった丼の周り乗っけていきます。中心は温泉卵を乗せるので空けておきましょう。
5.空いている中心になめ茸を大さじ1ぐらいの量のせます。
6.なめ茸の上に温泉卵を乗っけます。
7.丼に醤油を適量かけたら完成です。
お好みで刻みネギやショウガ、ゴマやちりめんじゃこなどの薬味を乗せると良いでしょう。さらにゴージャス感を出したいなら、マグロのお刺身や豚の冷しゃぶなどを添えると、ねばねば丼との相性もよく、手抜き感がなくなります。
是非挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です