大学生時代の、天国から一気に転落した話

標準

カードの入った財布私は大学生の頃はバイトをたくさんしていて、稼いだ給料で学費や携帯代などを払った後は全部パチンコやパチスロをしていました。ある日友人に誘われて一緒にパチスロに出掛けた時、何気なく座った台が物凄くよく出る良い台だったのでその日はその台をずっと打ち続けることを決めて調子よく出していました。

結構な額を稼いで暖かくなった財布をポケットにしまい負けてしまった友人に何かご飯でも奢ってあげようと誘い、二人で食事に行きました。二人でお酒を飲みながら食事を楽しみ話に花を咲かせていた頃、お酒を飲むとトイレの近い私は何気なくトイレに行こうと立ち上がったのですがズボンの後ろのポケットに入れていた財布がありません。

床を探しても見当たりません。カバン等は持っていなかったので、きっとどこかで落としたのだと思いました。いくらパチスロで勝ったとはいえ勝ち分は全て財布の中にありますし今月の生活費も入っています。銀行のキャッシュカードも入っていてその財布ひとつが私の生命線でした。

とりあえず何度か入ったトイレへ行き探したのですが見当たりません。財布を無くしたことを友人に伝え、その後お店の店員さんにも財布を無くしたこと、その財布の特徴や残金等を伝えたのですがお店には無いとのことです。

その後は本当に悪い事をしました。負けた友人を元気付けようと食事に誘ったのにその友人にご飯をご馳走してもらうことになってしまい、お店にはもし見付かったら警察に届けてもらうようお願いした上で交番に行ったのですが、結局財布は戻ってきませんでした。

良いことの後には悪いことがあるのだとしても、悪いことが来るのがあまりにも早すぎるんじゃないかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です