後悔したけど、のちのち役に立ちました

標準

ピアノ社会人2年目で、ボーナスが思ったより良かった時でした。ショッピングセンターをうろうろしていた時、電子ピアノのセールという文言が目につきました。私はピアノは習ったことがなく、引くことができませんし、楽譜も読めません。

ただ、小さい頃からやってみたくて親に何度も習わせてほしいとお願いしたのにまったく相手にしてもらえなかったという嫌な思い出がありました。うちの両親はやりたいというと基本的に応援してくれるのですがピアノだけは反対されました。どうやらピアノは先生になる以外には将来役に立たないからという理由だったようです。正直悲しいですよね。

親にやらせてもらえなかったという思いが今でも強く、またお金が手元にある、お得に買えるという条件がそろってしまったためについ衝動買いしてしまいました。初めは気分転換に練習していたのですが、なかなか指が思い通りに動かず簡単なものが3曲弾けるようになった後は部屋の隅でインテリアと化していました。

その後結婚して引っ越すときも場所はとるわ引越代がプラスになるわで、夫にも嫌な顔をされました。処分しようか考えることもありましたができずにいました。

ところがその後、このピアノに出番がやって来ました。子どもが生まれ、遊び道具として一緒に使える日がきました。今は音遊びという感じですが、ピアノを鳴らすのが楽しいようです。処分しなくて良かったです。ピアノは手先の運動にもなるし脳の発達にもいいと思うので私は子どもにはピアノを習わせてあげたいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)