約束守って暮らしていると生活出来ない。

標準

卵かけご飯専門学生になり大阪で一人暮らしをすることになった時、親からの仕送りは五万円。しかも田舎育ちで親は大阪は危ない街というイメージがあり、学業に専念してほしいという気持ちからかバイトはダメといわれました。真面目に守って暮らしていると、生活費が全然足りない。

学校の実習で何処かに行く時の電車代も仕送りからだったので、実習のある月は切り詰めて生活していました。親にこれ以上無理もいえず、仕送りの前の週辺りからお金はなく、お米は祖母が送ってくれていたのでとりあえず白米とふりかけの日々。

こんなことなら地元からでるんじゃなかったと後悔もしました。学校終わりに友達と遊びに誘われ、ついていくものの何も買えないし食べたくても食べれない状況でした。

帰りも家から逆方向であっても電車は使わず1時間かけてでも歩いて帰っていました。1年我慢した頃に、たまたま友達が夜のバイトに行くというのでついていきました。

学業に支障が出ない程度の週3日ほどの出勤で、実習代や食事には困ることなく生活できるようになりました。夜のバイトは絶対に駄目だと言われていたので親には言えなかったですが、背に腹はかえれないと思いました。親との約束を破ってしまいましたが、何とか学校も無事卒業できて普通の生活ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です