僕のコツコツチョキンホウホウです。

標準

小銭と貯金箱いきなり大きく貯金するのは難しいものです。僕がたどり着いたのは、結局コツコツ貯金でした。スーパーとかコンビニでは、無駄遣いしすぎないようにはしますが、それほど我慢もしすぎず普通に買い物をします。その時にどうしても、お釣りをもらうと思います。それをコーヒーの瓶に、コツコツと入れていくのです。そうすると、1年ほどでで1万円くらいになります。ちょうど先日、1年位貯めたコツコツ貯金のお金を、郵貯銀行に持って行ったら1万4000円ありました。これくらいの金額があれば、普段はなかなか手が出ないものでも買うことができます。このように生活をしていくと、気持ちにゆとりができます。

たとえば、女性がコツコツ貯金で化粧品を買ったり、音楽の好きな方はCDを買ったり、車好きなら何かカーアクセサリーを買ってみたり、ちょっと遠くまでドライブしたり。コツコツ貯金を意識すれば大きな貯金は難しくても、いつのまにか無くなってしまいがちなお金を、一定期間で活用できるので、これは非常に助かります。ただ、このコツコツ貯金に向かない性格の人も、もちろんいると思うので、自分でオリジナルの貯金方法があれば、その方がよいです。是非有言実行して欲しいものです。結構僕のやってるコツコツ貯金は普通だと思います。買い物をして小銭を貯める。それをコツコツ貯める。それだけのことです。

いつも使うものはケチってはいけない!

標準

革靴の足元ケチっていいもの、ケチるべきではないものの分かれ道は、いつも使うものかどうかで考えています。たまにしか使わないもの、自分で言えばネクタイであったり、アクセサリーであったりするわけですが、これらはめったに使わないので品質の劣化もあまりないですし、特にこだわりもないですし、安いものでもいいのではないかと思います。

しかし、いつも身につけているもの、例えばそれは腕時計であったり、ベルトであったり、ジャケットであったり、革靴であったりと様々ですが、これらについてはある程度良いものを身につけたいと思っています。やはりいつも身につけるものがいいものであると、それだけで気持ちが違いますし、周りからの評価も違うと思います。

特に気をつけたいのはビジネスシューズ。手入れが行き届いていなかったりすると恥ずかしいので特に気をつけています。最近は1万円以内で買える革靴もありますが、光沢がわざとらしく、いかにも合成皮革というものは避けた方がいいと思っています。特に高いものを買う必要はないと思いますが、安物を買うよりは、ある程度しっかりしたものを買って長くはくほうが、結局経済的なのだと思います。愛着の湧く品を見つけたいものです。